お米の通販、玄米、有機米、特別栽培米、ひとめぼれ、つや姫、ササニシキなら"かぶくり屋"

稲刈り・収穫の様子

蕪栗米生産組合の稲刈り・収穫の様子を見学させていただきました。
こちらは2012年10月頃に撮影した映像です。

有機栽培で安心な田んぼ

この田んぼは有機栽培の圃場で、面積が8反5畝(約1,500平方メートル)でございます。
今年は天候にすごく恵まれまして、食味もものすごく良いですし、平年作よりも5%ほど収量が増えております。

私たちは自然と共に生きているものですから、その自然の恩恵と太陽の恵みを十分にいただいて、美味しいお米を作って消費者の皆さんに食べていただくというのが基本的な考え方になってこます。

これが今稲刈りしているつや姫です。いままで宮城県になかったような品種で、ものすごく根の力があって上手に作れば、かなり食味の良いたくさん取れる品種です。

農家の人ってのは、頭からそんなの出来ないよって言って作らない人が多いんです。

将来、有機栽培を出来る苗を作って田植えしてやるところまでやろうと考えています。

あとは田んぼは、私の言う通りに水管理をすればきちんと今まで管理された田んぼであれば、5年くらいは手つかずです。草が出ないんです。

だけど、その間に絶対に残して駄目な草を残しちゃったら次の年から駄目です。

ですので、絶対それはさせない!必ず取りなさいよと指示を出します。


蕪栗米生産組合では、毎日雑草取りはもちろん、稲の生育をチェックし徹底した水管理を行っています。田んぼに水を入れたまま放置すると、根腐れを起こし稲が倒れこんでしまい食味の悪いお米になってしまうからです。

また、蕪栗米生産組合の放射能検査は、「日本穀物検定協会」に依頼しており、国規制の20/1である5ベクレル/kg 以下を自主規制とし、すべて不検出の分析試験結果を頂いております。どうぞ、安心してお召し上がりください。